動画制作・映像制作に関する情報 | 社内教育で使用する教育ビデオは、自社で制作するか?映像制作会社に依頼するか?

社内教育で使用する教育ビデオは、自社で制作するか?映像制作会社に依頼するか?

社内教育に動画を使用する場合は、事前に内容を検討し、教育を受ける側の立場に立った教育ビデオが必要です。
教育用ビデオの映像制作には、自社製作の場合と専門業者に外注する場合があります。
自社制作では早く開始することができ、コストを抑えることもできます。
業務内容を十分に把握した人が担当するため、社内の実情に沿った動画を制作することができます。
一方で、担当する社員はそこに時間を取られるため、通常業務のフォローする人が必要になります。
動画制作自体のコストを抑えることはできますが、その前提として社内のフォロー体制をしっかりさせておく必要があります。
専門業者の場合は、映像制作のプロであるだけに、興味を引く映像のあり方について熟知しています。
プロ特有の高品質な映像を作ることも可能です。
しかしそのためには、専門業者側が会社の業務内容をしっかり把握する必要があるため、打ち合わせの時間も長く必要になります。
信頼できる専門業者に出会うことができれば、お互いの連携がスムーズに行き、質の高い動画を作成することもできるでしょう。
また、使用する動画の目的も重要です。
新人研修で使うのか、通常の社内研修で使うのか、社内マニュアルとして使うのかなどによって、動画のコンセプトに違いが生じる場合もあります。
制作する動画の目的によって、自社で作成するか、専門業者に依頼するかを選択することもできます。