動画制作・映像制作に関する情報 | 3D映像を制作してみたい

3D映像を制作してみたい

自分は、趣味で映画を観ることが多いです。映画といっても、DVDプレーヤー等やホームシアターで観る映画でなくて「迫力満点な映画館で観る映画」です。映画館で観賞する映画ですが、著作権法でいう保護の対象となっています。盗撮行為等は犯罪となりますが、正しいスタンスで観賞をすればとても楽しめるものとなっています。

自分が観る映画ですが、主として3D作品です。3D作品に対応した眼鏡等を掛けて観賞をするのですが、当該作品の魅力は何と言ってもド迫力なシーンを「まるで自分自身が体験しているかのように」味わえるという事です。例えば、タンカー等が荒れ狂う海で座礁して行くというシーン。3D作品を観る際に自分が心掛けている事ですが、前の席に座っていれば迫力あるシーンを自分自身が体感できるという錯覚が楽しめるということです。これは、3D作品を観る際に映画館スタッフからアドバイスを受けた事でもあり、知っておくと「スリル満点の体験」が楽しめる事でしょう。

動画を作成する場合、3D効果が在る作品を創るべきだと思います。それも、自分がそのシーンを体験するような錯覚が感じられるようにする事であり、この心得を弁えていれば良質な動画作品が作れる筈です。

因みに自分が映画館で3D作品を観ている際は、迫力あるシーンでは思わず身体がたじろいでしまう事が在ります。これは反射であり、たとえ作り物だと分かっていても、身体は脅威に対して無意識の内に反応するようであり、これに関しても3D作品を楽しむ上では不可避となるもので且つ魅力的なものとなっています。